インフラエンジニアとは

エンジニアは自分の所属している会社や担当している案件によってその必要なスキルも業務内容も異なります。とくにインフラエンジニアと呼ばれる人々は、そう一括された呼ばれ方をしてもサーバーやネットワーク業務など扱うものも異なるのです。そもそもインフラエンジニアとは、さまざまなネットワークやハードウェア・ソフトウェアの基礎部分を担う仕事であり、インフラがインフフラストラクチャー=基盤の意味からも最も根幹をなすことがわかるのです。

そのためインフラエンジニアはリスクが高くて機能性の高いものよりも安定してサービスを提供することが仕事上の際重要事項となります。このことは他のシステムエンジニアやソフトウェア開発とは異なる点だといえます。サービスを安定的に供給するということの意味はあまりピンと来ないかもしれないのですが、システムダウンの事を考えるとよくわかります。もし、システム供給に災害や不備で障害が発生してしまった場合に一部のシステムがダウンしてしまうと復旧までに大きな損失を被る可能性があるのです。そのくらいインフラエンジニアにとってはサービスの基礎部分となるインフラのメンテナンスやセキュリティ問題の解消など運用上の保守が重点となっているのです。

システムエンジニアの仕事内容

エンジニアと聞くと、あなたはどんな仕事をイメージされるでしょうか?

システムエンジニアの仕事内容にもいろいろな種類があります。
今回はその中の「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」についてご紹介して行きたいと思います。

将来エンジニアとして働きたい、エンジニア関連企業に転職するつもり、そう言った人はぜひ参考にされて見てください。

【ネットワークを支えるネットワークエンジニア】

ネットワークエンジニアは、その名の通りネットワークシステムを開発するエンジニアのことを言います。

具体的にいえば、企業内で利用するグループウェア、クラウドサービスなどのシステム関連です。パソコン自体に関してはもちろん、インターネットやネットワークに関する知識も必要になります。

【インフラエンジニア】

インフラとは、「基盤」のことを意味します。
それぞれのネットワークやシステム、アプリケーションが正常に稼働するように、基盤を整える仕事をするのがインフラエンジニアです。

アプリケーションの開発などのように、派手さはありませんが、企業の根幹を支える非常に重要な職種になります。

他にも、エンジニア関連の案件は非常に多くなっています。
自分にあった案件を見つけて、より高い次元で仕事ができるようにしましょう。

【人気のホームページ】
仕事 エンジニア - エンジニアの仕事情報サイトです

フリーランスになるには

会社に勤務している。なかなか給料は上がらないし、自分がしたい仕事でもない、人間関係も悪いし、毎日毎日サービス残業…。こういった風に働かれている人も多いのではないでしょうか?こういった風に働いていてもまったくやりがいを見つけることはできません。そこでお勧めしたいのが「フリーランス」という新たな働き方です。個人事業主、と言い換えることも出来ますが、よりフレキシブルにはたらいている人のことをフリーランスと言います。フリーランスになるには、特別に何かする必要はありません。
案件も非常に多いので、思い切ってフリーエンジニアになってみてはいかがでしょうか。

<会社を辞めてフリーランスになる>
会社を辞めて、自分自身の力で案件を探す。これだけでも立派なフリーランスということができます。基本的にフリーになると、業務委託での求人を探すことになります。場合によっては個人からも仕事を請け負うことができる、柔軟な業界です。いろいろな会社、個人が仕事をしてくれる人を募集していますので、是非参考にされてみてください。

<フリーランスの強み>
フリーランスの強みは、自分の裁量で仕事を決めることができる、ということです。その分自己責任も強くなりますが、ある程度自由に勤務時間、勤務日を決めることができます。これこそ、フリーランスの強みと言えるでしょう。

履歴書 フリーランス

フリーランスとして働いている人もいるでしょう。こういった働き方をしていると、普通の社員、契約社員、アルバイトのように履歴書を書く必要もありません。ほとんどの案件が、自分が持っているスキルと相手が求められている仕事のマッチングができれば仕事を獲得することができます。もし、あなたがこういった関連の仕事をしているなら、営業のかけかたはとっても重要になります。

<フリーランスの営業について>
デザイナー、ライター、エンジニア。いろいろな分野でフリーランスで働いている人がいますが、それぞれ自分で営業をする必要があります。そういったフリーランスの人と、フリーランスの人を求めている企業のマッチングサイトなども多くなっていますので、是非活用されてみてください。できれば、手数料などが一切かからないところが安心です。こういったサイトを利用することで、より単価の高い仕事を獲得することができます。

<取引先との単価交渉>
お付き合いのある企業との単価交渉も重要です。会社はもちろん取引先として重要ですが、フリーランスに仕事を依頼している時点でかなりの費用削減に成功しています。そのため、単価交渉に応じてくれる可能性も大いにあるのです。ある程度の信頼関係が生まれてきたら、こういった単価交渉をして見るのも良いでしょう。
単価が非常に高く交渉できるのはRubyの仕事です。開発できるエンジニアの数が少ないため交渉がしやすくなっています。

フリーランス 年金

会社を辞めて、フリーランスで働き始めた、という人もいるかも知れません。順調に仕事を獲得、以前の収入を大きく超えたという人もいるでしょう。しかし、気を付けてほしいことがあります。それが、「年金」と「保険」です。民間のサービスではなく、公的なもののほうになりますが、それぞれ会社員よりもかなり不利な条件となっています。しっかりと自分で貯金、更には民間の年金保険サービスなどを利用して老後の備えをしておく必要があります。

<フリーランスの公的年金>
会社に勤務している、もしくは公務員として働いている、そういった場合には、厚生年金、共済年金での年金制度に当てはまることになります。これがフリーランスとなると国民年金に切り替わります。支払う金額はそこまで変わりませんが、受給できる金額は厚生年金、共済年金の半分程度です。しっかりと自分で老後の準備をしておく必要があります。

<国民年金基金>
それぞれの年金サービスの差を埋めるために準備されているのが、国民年金基金です。これは、国民年金加入者(自営業者、フリーランス)の人のみが入れる年金制度です。国民年金に追加して年金を支払うことになりますが、受けられる恩恵はかなりのものです。フリーランスの方には是非オススメします。

まず、フリーランスとして仕事を探すことが第一条件であり、おすすめするのがPostgreSQL関連のお仕事ですよ!

フリーランサーとは

会社に勤めず、事業登記もせずにフリーに働く、そういった人のことをフリーランサーと呼びます。こういったフリーランサーになると、いろいろな面で会社員との違いが出てきます。先ず、雇用契約外での契約となるので、労働基準法による保護がなくなります。いくら先方に無茶な案件などを振られても、根拠となるのは業務委託契約書の内容です。明らかに殺人的なスケジュールであろうと、これに契約した場合は先方が強くなります。

<フリーランスの身分について>
フリーランサーになると、社会的な評価が若干落ちてしまいます。これは、会社員によりも身分が不安定だからです。実際にどういった面で不利になるかというと、各種ローンを組むとき、クレジットカードを契約するときなどです。住宅ローンを用意するときなども、会社員よりも借り入れできる金額が少なくなる、と考えておいていいでしょう。

<確定申告はとっても大事>
フリーランサーになると、確定申告が非常に重要となります。各種ローンの申し込みの際の収入証明書なども、この確定申告書の内容を基準に審査が行われるようになります。確定申告の時期は毎年二月半ばから三月半ば。その一年前の一月から十二月の間の収支を申告することになります。

【フリーランサーにおすすめのサイト】
フリーランスエンジニア
フリーエンジニア 求人
フリーエンジニア 案件